omameの楽天ROOMアイテムはこちら click

【国際結婚】日本に住む私たちが名字を外国語名(カタカナ)に決めた訳

こんにちは!カナダ人の夫と国際結婚をし、2児のワーママのomameです。

国際結婚をするんだけど、日本の名字をカタカナにするか、自分の名字をキープするかどうしよう・・・。みんなどうしてるのかな?

omame

外国人と入籍するにあたって、カタカナ姓にするかどうか・・・は大きな決断の一つだと思います。

私の名字を旧姓のままとするのか新たにカタカナの名字とするのか、かなり悩みました。

最終的にはカタカナ性を選んだのですが、その決断に至るまでの葛藤と結局どうしてカタカナを選んだのかについての経緯を残します。どなたかの参考になればうれしいです。

目次

国際結婚をすると最初は夫婦別姓

外国人と日本で入籍をするということは、自分の戸籍にパートナーを入れるという形になります。(正確には、入れるといより別枠に情報が追加されるという感じです)

2020年12月現在、日本人同士が結婚する場合日本ではまだ夫婦別姓が認められていませんが、国際結婚カップルが入籍届を出した場合、他に何も手続きをしなければ夫婦別姓となります。もし、夫婦で同姓を名乗りたければ6か月以内に書類の申請が必要となります。

omame

6ヶ月ってあっという間に過ぎてしまうと思うから、あらかじめ自分たちがどうしたいか決めておかないと!

もし自分たちが同姓を名乗りたいのなら、入籍時に手続きをするのが一番楽だと思ったため、私たち夫婦は入籍する前に自分たちの名字をどうするか二人で熟慮しました。

日本姓のままとするメリット

まず第一に自分が姓を変えない(夫婦別姓である)ため、数々の面倒な書類手続きをしなくても良いということは大きなメリットだと思います。

omame

仕事をしている方であればなおさら、名字を変えなくて良いのは都合が良かったりしますよね!

なにより私が一番気がかりだったのは、自分が日本で住む上でカタカナの名字になる覚悟があるのかという点でした。日本は国際化が進んできているとはいえ、まだまだ国際結婚は珍しく私の周りでも片手で数えられるほどしかいませんでした。そのような現状で自分が日本でカタカナの名字を名乗れるのか。注目を浴びることになるのでは?好奇心の目で見られるのでは?っと不安だらけでした。

また、将来産まれてくる子供のことを考えた時その子どもがいじめの対象になってしまうのではないかという不安もありました。

カタカナ姓にするメリット

『結婚する=自分の名字が変わる』と思って生きてきた自分がいたため、結婚したのであれば夫の姓を名乗りたいという思いはありました。それがカタカナになろうとは、ワーホリ前の私は想像すらしていなかったと思います。

名字が変わってやっと「結婚したんだ!」という実感が沸くと共に、周りに周知するという意味でも一番効果があると思います。

また、産まれてくる子供のことを考えた時、明らかに顔は日本人とカナダ人のミックスとして生まれてくるのだから隠しようもなく、今から色々と心配をしても仕方がないことなのかなという思いもありました。

私たちがカタカナ名字を選んだワケ

私たちがカタカナ名字を選んだワケは、夫の一言でした。

もし君が日本の名字のままで僕たちに子供ができたら、子供は君の名字になるから僕だけ違う名字になるってことなんだね

(この時は、特に攻めるような言い方ではなく、確認という感じでした)

omame

私は夫のこの言葉を聞いて、名字をカタカナにしようと決めました。

迷っていても始まらない!この人と結婚しようと決めたのだから腹をくくろう!っと思いました。

カタカナ姓は自分でオリジナルを作ることになる

カタカナ姓にする場合、外国人パートナーのlast nameの発音に近いものにすることが一般的だと思います。言ってしまえばカタカナ名字を自分たちで好きにクリエイトすることになります。

実際私の夫はカナダの東側で生まれたため第一言語はフランス語です。そのため名字もフランス語。しかし、夫は人生の半分を西側で暮らしたため言語も英語圏での暮らしとなり、last nameも英語読みをしていました。英語読みとフランス語読みでまったく発音が異なります。

omame

フランス語読みは、日本人である私にとってカタカナにするのは複雑だったため、私たちは英語読みをカタカナにすることに決めました。

その英語読みですら、カタカナで考えると3パターンくらいで迷いました。家族や友人にも相談し、最終的に私たちの名字はきまりました。

カタカナ姓にして良かったか

結婚5年目に突入し、私自身カタカナの名字で呼ばれる生活は実際心地よいです。私って目立ちたがり屋だったのかしら?病院などで呼ばれて人にちらっと見られることも苦に感じたことはありません。

omame

私の夫はカナダ人ですよ!とっても優しい夫ですよ♪っとみんなに言って回りたいくらいです。(あっ、のろけですか….)

仕事をしていて、相手に何度か聞き返されることはよくありますが、今では電話などで名字を名乗らなければならない時は自分から「カタカナなんですが」と前触れしてから伝えるようにしています。

一人目は女の子であったので将来結婚したらおそらく相手の男性の名字に変わるでしょう。二人目は男の子の予定です。この子は私と夫が一生懸命考えたカタカナの名字をどう背負って生きていくのかなと思うことはあります。しかし、夫婦で一貫して考えていることは名字やミックスであるということにとらわれずに、自分たちの存在を誇りに思って生きてほしいということ。それだけです。

╲色々考えるのに参考にした本はコチラ/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1児(2歳)の母で現在は第2子妊娠中。2015年ワーホリで出会ったカナダ人の夫と国際結婚をし日本で生活しています。日本では私が大黒柱!!
夫婦でバイリンガル育児奮闘中。
旅行(国内・海外)やキャンプが大好き♪思い立って経験したワーキングホリデー、そしてまさかの国際結婚....やらなきゃ後悔していたことだらけ!

目次
閉じる