ママにおすすめなベースブレッドの記事はこちら click

【赤ちゃんとキャンプ】楽しむために事前に出来る7つのこと

omame

ご覧いただきありがとうございます。omameです!

はじめて赤ちゃんとキャンプに行く際、どうなってしまうのかドキドキしますよね?

我が家も、長女が10か月の時にはじめてにキャンプに連れて行きましたが、夜泣きはどうか・・・赤ちゃんと一緒にBBQなんてできるのか?など色々不安もありました。

夫婦では何度もキャンプをしましたが、子連れは初心者。しかも赤ちゃん!

現地であたふたしないために、事前に出来ることはしていきたいですよね。

omame

私たちが実際に事前にしておいて良かったことをまとめてみました!

この記事はこんな人におすすめ!
  • 赤ちゃんとキャンプに行こうと思っている
  • 子連れキャンプがはじめて
  • 赤ちゃん連れキャンプに行く前に事前にできることを知りたい
目次

赤ちゃん連れキャンプで大事なのはシュミレーション!

赤ちゃん連れあるいは子連れキャンプで一番大切なことは、「シュミレーション」です。

そして家で普段から出来ることであれば、先に体験しておくということが大事。

赤ちゃんを慣らすためではなく、ママとパパが「赤ちゃんと一緒だとこれを先にしておいた方がいいんだな・・・」と気づけるというのが理由です。

omame

頭で考えていることと、実際にやってみるというのは全然違って気づけることが多いです。

赤ちゃん連れキャンプに行く前にできること

シュミレーションor体験しておくと良いことをまとめました!

テント・タープを大人一人or軽い援助で建てる練習(シュミレーション)

赤ちゃんと一緒のキャンプ。最初の関門はテントとタープを建てること。

omame

これができなければまずキャンプが始まりませんもんね。

ドライブしている間は寝てくれていた赤ちゃんが到着と同時に泣く・・・ということも。

そうなった時に、授乳したり、あやしたり・・・大人一人が赤ちゃんに付きっきりになる可能性もあります!

omame

実際初めて娘を連れて行ったときは小雨が降っていたこともあり、夫がほぼ一人でテントとタープを建てました。

自宅の庭で建てる練習をする・・・などはなかなか広さ的にも難しいと思うので、せめてシュミレーションはしておくといいと思います。

一人でテントを建てるかもしれない・・・という気持ちで挑むことが大事。心にゆとりを♪

我が家が愛用しているのはコールマンのクロスドームテント!今は2代目です。

このテントにジョイントできるタープ。4面閉じることができるので雨の日でも快適に過ごせます。

おんぶに慣れておく(月齢がOKなら)

赤ちゃんがチャイルドシートでご機嫌で待ってくれるならいいのですが、大抵そうはいかないですよね。

赤ちゃん連れのキャンプで大人一人が全く動けなくなってしまうのはかなりの痛手。

前抱き抱っこでももちろん可能ですが、おんぶが出来るようになるとかなり大きいです!

omame

おんぶが出来れば、テントを建てるのも普通に大人二人で出来ますよ♪

おんぶすると、赤ちゃんも色々周りを見れるのできょろきょろしながら楽しんでくれます。

おんぶってちょっと慣れていないと難しかったりするので、普段からお散歩の時などに慣らしておくといいですよ!

日差しが強い日のおんぶは赤ちゃんにも直射日光が当たっている可能性があるので、帽子をかぶせたり定期的に休憩するのが大事です!

╲エルゴは前抱き抱っこもおんぶも使えて、夫婦で共有できる抱っこ紐で活躍します!/

同距離くらいのドライブをしてみる

今まで30分くらいの近場ドライブしかしたことがないなら、キャンプの前に少し長距離のドライブをしてみるのがお勧め!

omame

パパとママの予行練習も兼ねて行くといいですね。

赤ちゃんって基本的に車の揺れが好きなので、寝てくれることが多いですがどんなオモチャを持たせると泣き止んでくれるかなどチェックしてみるといいと思います!

赤ちゃんと一緒に自宅でBBQ

BBQはキャンプの醍醐味!

omame

赤ちゃん連れであってもやりたいですよね。

ただ一言でBBQといっても、火を起こして、食材をカットして、焼いて食べるところまで一連の流れを赤ちゃん連れでやるのって実は結構大変。

自宅や近くでBBQが出来る広場などあれば、赤ちゃんも一緒にBBQをしてみるのと実際の流れが分かって良いです。

omame

我が家は夫が火起こし担当、私が娘をおんぶして食材カットなどの準備というのが基本でした。それぞれの担当を決めておくと本番でスムーズ♪

やってみると、きっと想像していたよりゆっくり座って食べることは難しいかもしれません。

ママとパパの連携が取れれば、ゆっくり食事をすることもできるようになってきます!

市販の離乳食を食べさせてみる

忘れてはいけないのが・・・赤ちゃんの離乳食!!

手作りを持って行ったり、キャンプ場で手作りしてももちろん良いのですが、我が家はいつも市販のモノを持っていきます。

omame

初めての味だと、全く食べてくれないという事態もあります・・・。

あらかじめ家で数種類の市販のものを食べさせてみて、お気に入りの味のモノを知っておくといいですよ♪

後は、赤ちゃんにどのタイミングで食事を与えるかも大事です。

大人はお腹が空いていても我慢できますが、赤ちゃんは待てません。

パパママが食べている最中に上げるのか、赤ちゃんにご飯を与えてから大人がゆっくり食べるのか、はたまた一人づつ赤ちゃんの相手をしながら食べるのかなどもシュミレーションしておくと良いですよ♪

夜寝る前の一連の流れを整えておく

赤ちゃんとキャンプに行くことを躊躇う理由の一つに夜の心配がありますよね。

omame

我が家も実は初めてのキャンプは、テントではなくバンガローに泊まりました。

別記事にしますが、はじめての赤ちゃんとのキャンプでバンガローに泊まるのはおすすめです★

ここで練習していい感じに出来ることが分かったので次からはテントにしました。

キャンプに行く前にやっておいて良かったなと思ったことは、寝る前の一連の流れを決めておくことでした。

自宅でも毎日していた方法をキャンプでも同じくするというだけのことですが、赤ちゃんのストレスも減らせて、夜もゆっくり寝てくれやすいなと感じました。

我が家の娘・息子の寝る前の一連の流れ
  1. 寝る前に入浴
  2. パジャマ(スワドルアップ)に着替える
  3. 授乳orミルク
  4. 就寝

娘も息子もパジャマを着せると「あっ、今から寝るんだな」というモードになり寝やすかったです。

準備は前日より前に終わらせる

大人二人だけで行くときは前日に着るものなどを詰め込んで、キャンプ場に着く前にコンビニによって美味しそうなオヤツを買い足して出発~♪

という流れでしたが、赤ちゃん連れではそうは行きません。

omame

まず、前日の夜はしっかり寝ておくことも大事!

夜遅くまでキャンプの準備をして、さぁ寝ようと思ったら今度は赤ちゃんが泣く・・・ということも普通にありますよね。寝不足でキャンプに行くと、しんどいです!

事前に購入できるものは購入しておき、キャンプに持っていく服なども事前に詰めておきましょう。

前日の夜は、「ギリギリまで使う必要があるものだけを準備する」という感じにできればベスト!

omame

我が家は夫がいつもギリギリに準備するので、そのことでよく喧嘩になります(笑)

赤ちゃん連れキャンプは事前のシュミレーションと準備でより楽しくなる!

赤ちゃん連れキャンプは、事前のシュミレーションや準備を整えておくことで格段に現地でのスムーズ差が違います!

行く前は色々不安なこともあるかもしれませんが、出来る準備をしっかりして挑んでみてはいかがでしょうか?きっと楽しい思い出ができますよ♪

╲ランキングに参加中!クリックしてくれると嬉しいです♡/

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1児(2歳)の母で現在は第2子妊娠中。2015年ワーホリで出会ったカナダ人の夫と国際結婚をし日本で生活しています。日本では私が大黒柱!!
夫婦でバイリンガル育児奮闘中。
旅行(国内・海外)やキャンプが大好き♪思い立って経験したワーキングホリデー、そしてまさかの国際結婚....やらなきゃ後悔していたことだらけ!

コメント

コメントする

目次
閉じる