ママにおすすめなベースブレッドの記事はこちら click

【口コミ】そいねーるを使って感じたメリット・デメリットと使用期間

omame

ご覧いただきありがとうございます。2021年3月に第二子を出産したomameです!

出産準備の中でチャイルドシートの次に高価なものが、ベビーベッド。

でも、『ベビーベッドって必要?』っというところから悩みますよね。

私たちは必要と思い調べた結果、そいねーる+ムーブという商品を購入し、二人の子供達に使いました。

実際に使ったからこそ分かる、メリットデメリットをレビューしつつ、この商品をお勧めしたかったのですが、なんと今はもう廃盤に。

omame

友人にも勧めたかったのに!!

っと思い調べると、「そいねーるⅢ」という新バージョンとなって発売されていました。

そこで、今回は私が実際に使った「そいねーる+ムーブ」の良い部分と悪い部分を明らかにしつつ、新しくなった「そいねーるⅢ」は一体何が良くなっているのか!?を比べて検証していきたいと思います⭐︎

こんな人におすすめ♪
  • ベビーベッドの購入を迷っている
  • そいねーるベッドの使い心地と使用期間を知りたい
  • そいねーるベッドの種類を確認したい
  • そいねーる+ムーブの代わりとなるベビーベッドを知りたい
  • そいねーる3の違いを知りたい
スポンサーリンク
目次

ベビーベッドは必要か

大前提のお話しです。

プレママ

ベビーベッドってそもそも必要なのかな?

赤ちゃんと寝る場合方法としては

①布団を敷いて家族みんなで寝る

②パパはベッドで、赤ちゃんとママだけ布団

③赤ちゃんはベビーベッド、パパとママはベッド

という3パターンが多いかなと思います。

私たち夫婦は『赤ちゃん=ベビーベッドで寝る』という考えが夫婦で一致していたため、ベビーベッドが必要でした。

また、私は緊急帝王切開だったのですが術後のお腹の痛みは想像よりもしんどかったです。

omame

起き上がるのに一苦労….

授乳やトイレなど移動を考えると、ベッドで寝てベビーベッドが側にあるというのが最適でした。

なぜレンタルではなく購入したのか

今はベビーベッドのレンタルというのもあります。

レンタルの会社を調べてみると、だいたいどのベビーベッドも1か月に2500円~5000円のレンタル料。

レンタルを考える人の理由としては

  • 購入するのは高いから
  • 赤ちゃんがベビーベッドでは寝てくれないかも
  • 寝返りしはじめたら使わないかも

などの理由で購入を躊躇っている方も多いですよね。

omame

レンタルだと返却もできるので、トータル的に安く済む場合もあります。

ただ、ベビーベッドを新品で購入しても2万円台のものが多くあります。これだと6~8か月程度使えば結局レンタルとの金額の差はなくなります。

もし2人目を考えているならさらに元は取れるかなと。

ベビーベッドを使用しなくなった時の収納場所がないということで決断できない人も多いと思いますが、分解すれば結構コンパクトになります。

もしくは、本当に邪魔ならセカンドストアなどで売ってもいいかなと思いました。

omame

粗大ゴミに出すよりは良いですよね!

また私たちの場合、単純に、できれば新品で用意したい・・・っと思いました。ということで、私たちはベビーベッドの購入に踏み切ることにしました。

ベビーベッド選びで大切な事は?

私たちがベビーベッドを選ぶ際基準となったのは、夜中の授乳がしやすいこと。

omame

ベッド柵の上げ下げのしやすさなどがポイントかなと思いました。

私たちが購入した「そいねーる+ムーブ」ベビーベッドの特徴

結果的に私たちは、そいねーる+ムーブというベビーベッドを購入しました。

添い寝が出来るベビーベッドで検索するとトップで出てくる、そいねーるシリーズ。

yamatoya〜そいねーる〜

私が購入した時は、①そいねーる+ ②そいねーる+ロング ③そいねーる+ムーブの3種類でした。

omame

今は「そいねーるⅢ」一択になっています。

そいねーる+ムーブの特徴
  • 添い寝がしやすい設計になっているベビーベッド
  • ベッド柵が外せて、親のベッドとバンドで固定できるので安全
  • バンドを外せば移動可能
  • 15段階でベッドの高さが調整できる
  • 4つのキャスターのロックも可能
  • ベッドの下には収納スペースがある

【体験談】「そいねーる+ムーブ」のメリット5つ

実際に子供二人に使ったからこそ分かるリアルな声です!

①添い寝がしやすい

そいねーるは名前の通り、「添い寝をするためのベビーベッド」と言えます。

片方のベッド柵が外せて、親のベッドとバンドで固定できるので安全に添い寝をする事ができます。

写真のようにベッド柵をつけたまま横に置くことももちろん出来ます。

②夜間の授乳がしやすい

これは私たちが正しく探し求めていたもの!!!

夜に起きた時に、起き上がって歩いてベッド柵を下げて持ち上げて…という一連の流れをしたくなかった。

ベッド柵はしたければすればいいし、外したければそのままでも安全に寝かせられます。

omame

本当に、夜の授乳の時にこのベッドにして良かったーーー!っと何度も思いました。

③自分のベッドの高さに合わせられる

そいねーる+ムーブは、15段階高さを変えられます。

買ったはいいけど、自分のベッドに合わなかった〜!っというミスは無く安心して購入できます。

④赤ちゃんを近くに感じられて安心

そいねーるベッドを自分のベッドにくっつけて寝ると、すやすや寝ている自分の子に自然と近づいて寝ている事が多かったです。

omame

もちろん、起こさないように気をつけてますが…

ベッド柵がないと、本当に間近で寝息を感じながら寝る事が出来ます。

⑤ベッド転落防止になる

寝返りをするようになると、ベビーベッドから動いてどんどん親のベッドに進出するようになります。

omame

特にママにべったりくっついてきます

ベビーベッド使わないじゃん!っと思いますか?いえいえ。ゴロゴロたくさん動くのでベビーベッドがあることで、転落予防になります。

我が家は、転落予防柵+ベビーベッドで完全にガードしていました。

【体験談】「そいねーる+ムーブ」のデメリット2つ

①固定バンドの付け外しは少し手間

そいねーるベビーベッドと親のベッドを固定するためのバンドは、親のマットレスの下を通っています。

移動のたびにバンドを付けたり外したりするのは少し面倒でした。

4つのキャスターをロックするだけでもしっかり止まってくれていた事もあり、結果、固定バンドを使用しないで使うことも…

omame

もちろん間違った使い方です。

※安全面に関わるので必ず使用しましょう、、、

②動かせるのはメリットだがあまり動かさない

omame

デメリットと言って良いかわかりませんが。

キャスターがついていて小回りが効くというのが推しではありますが、実際には動かす機会は少ないです。

小回りが効くとは言え、やはり大きいので。

基本的にはベッドのサイドが固定のポジションでした。

【体験談】ベビーベッドどのくらい長く使えた?

結論から言うと

長女で1年間、長男で7か月使いました!!

omame

本当にこれに決めてよかったです!!

実際にステージ別にどのように使っていたかご紹介します♪

寝返り前:時折リビングでも使用

日中はベッドをリビングに移動して、昼寝の時に寝かせることも。

omame

そばにいる時はベッド柵を外したり、離れる時は装着したりしてました。

夜にはベッドサイドに戻し添い寝モード。

寝返り、ハイハイ期:親のベッド横に固定

活動範囲が広がり、昼寝の回数も減ってくるとベビーベッドを居間に移動することはなくなりました。

omame

常にベッドに横付けしてロックしている状態でした。

昼寝も寝室のベビーベッド。

寝返り回数も増え、寝相も悪く(笑)時々ベビーベッドから私たちのベッドに進出してくるように。

omame

夫は自分の方にも来てくれるようになったので喜んでいました。

つかまり立ち期:エキストラスペースとして活躍

omame

恐らく皆さんが気になるのは、掴まり立ちをしたりした時からの使い道だと思います。

娘は9ヶ月頃が絶賛掴まり立ち期でした。

寝る前にベッドに連れて行くとすぐに掴まり立ちをしますが、掴まり立ちをする事でベッドが倒れそうになるなどのヒヤッとした経験はありませんでした。

この時期は、寝返り移動でどんどん私たちのベッドに進出してくるので、ほぼ私たちのベッドで寝ているようなものでした。

が、ベッド+αのスペースがある事で、寝具が落ちないとか、私の足や手をはみ出すスペースとして使用していました!

歩行期:撤去

1歳になって、ほぼ最初から私たちの真ん中で寝るようになったため、ベビーベッドは撤去しました。(車庫で保管)

念のため、転落防止のネットだけ真ん中に付けるのを継続しました。

omame

こんな感じで私たちは1年間ベビーベッドを有意義に使用出来たと思っています!

第二子も同様に使用し、7ヶ月の頃まで使いました。(私たちのベッド+シングルベッドを追加したので、早めに卒業しました)

「そいねーる+ムーブ」と「そいねーるⅢ」の違い

私たちが絶賛おすすめする「そいねーる+ムーブ」ですが、現在は生産されていません。

そいねーるⅢってどんな商品なのか気になったので比べてみました!

omame

そいねーるⅢも同じくらい良い商品なの??

そいねーるムーブ
そいねーるⅢ
  • 添い寝しやすい設計
  • キャスター付きで移動可能
  • 15段階で高さが調整可能
  • ベッド下は棚になる
  • ベビーベッドとして1歳まで使用可(長さが96.9㎝)
  • ベッド柵は取り外し可能(親と連携する側)
  • 添い寝しやすい設計
  • キャスターなしで固定型
  • 21段階で高さが調整可能
  • ベッド下に棚はない
  • 幼児ベッドとして6歳まで使用可(長さが143㎝)
  • ベッド柵は取り外し可能(親と連携する側)

比べてみると少しづつ違いが分かりますね。

大きく違いは4つ。

高さの調整の幅が広がった

そいねーる+ムーブの調整は15段階で、それでも凄いと思っていました。

omame

そいねーるⅢは21段階!

親のベッドがどんなサイズでも合うのは嬉しいですね。

サイズが長いので長く使える

ムーブ

幅96.9×奥行き51.5×高さ100

そいねーるⅢ

幅143×奥行き53.5×高さ109.5

ロング

幅136.8×奥行き53×高さ100

Yamatoyaの公式ホームページでは、今回のそいねーるⅢは前のそいねーる+ロングとほぼ同じ大きさのものとしています。

omame

奥行を広くせず、長さを6歳まで使える長さにしコンパクトさを実現しています!

大きいから圧迫感があるのでは?っと思うかもしれませんが、必要最小限な幅が考えられた設計になっているのでその心配は無用かと。

キャスターがなく固定するタイプ

そいねーる+ムーブ、+ロング共にキャスターがついていることが特徴でしたが、新しく発売されたそいねーるⅢにはキャスターはついていません。

動かしたかったのに~!っと思うかもしれませんが・・・

omame

意外と動かしません!!笑

第一子の時はこまめに動かしたりしていましたが、第二子は新生児の時から寝室に固定でした。

ネントレの一環で、昼寝の際にも寝室に移動するという癖を新生児の時からつけたかったので。

また、居間で寝かす際にもマットレスの上に毛布を敷いて簡易的な寝床を作るので十分でした。

床下棚がなくすっきり

ムーブは、床板下に収納スペースとして仕切りがありました。

omame

移動する際に便利なのですが、子供が動くようになるとすぐに棚の中の物を荒らされたので、ほぼ使っていなかったです・・・。

新しくなったそいねーるⅢはフルオープン状態となっています。

必要であれば自分でオムツなどを下においてもいいですし、何も置かなければ掃除も楽ですよ♪

「そいねーるⅢ」のSNSの口コミ

そいねーるの他の方の口コミも集めてみました!

そうそう!これなんですよねー。

本当に一緒に添い寝ができる。

寝返りするまでは本当に、最高のベビーベッド!

そして寝返りする様になるとまさしくこうなります。

でも、これはどんな風に寝てもこうなります。

omame

絶対子供ってママの方に集まってくるんですもん。。。

布団で寝ようが、キングサイズのベッドで寝ようが、ママは狭い思いをすることになります(笑)

そうなのよ!転落防止!!

うちもしばらくその効果が大きくて置いてました。

「そいねーるⅢ」をオススメする3つの理由

なぜ「そいねーる」がおすすめなのか。

omame

私がお勧めする理由は3つです。

①寝返りするまでの最高の添い寝状態が味わえる

②ベッドのエキストラスペースが増える

③転落防止に役立つ

「そいねーるⅢ」の最安値はどこ?

そいねーるは公式サイト、楽天、Amazon、Yahooで購入ができます。

omame

最安値の販売価格はどこも一緒で33000円(税込)でした。

そこで、付与されるポイントで比べてみると…

  • 公式サイトだと1500ポイント付与
  • 楽天のポイント倍増期間だと、2400ポイント以上の付与!
  • Amazonのセール期間だと3000円割引きで売っている時も!
  • yahooだとpaypay4600円相当獲得の可能性も!ただ、東京以外は送料がかかります。

「そいねーる+ムーブ」に近いベビーベッドは?

私が購入したそいねーる+ムーブに近い形のベビーベッドは何かなとYamatoyaで他のベビーベッドも検索してみました。

キホン:ミニベビーベッド

この「キホン シリーズ」はキャスターが付いているベビーベッドです。

«サイズ»

キホン ベビーベッド 横幅132×奥行き77×高さ105

キホン ミニベビーベッド 横幅102×奥行き67×高さ105

(そいねーる+ムーブ  横幅96.9×奥行き51.5×高さ100)

omame

+ムーブに近いのは、ミニベビーベッドの方ですね!

«床板下スペース»

キホンシリーズはどちらも、そいねーるⅢと同じ作りで床板下はオープンスペースとなっています。

«下にスライドして開閉する»

omame

これはそいねーる+ムーブにはなかった素敵な部分!

開閉する際にムーブは毎回取り外さなければならなく、取り外したものはどこかに収納or立てかけておくという必要がありました。

キホンシリーズは、開閉する際に上下にスライド式になっています。

パタンⅡ:折り畳みミニベビーベッド

«サイズ»

横幅103×奥行き65×高さ105

omame

キホン ミニベビーベッドと似たような大きさですね!

«折り畳み可能»

使わない時には、「パタン」と折りたたむことができる画期的なベビーベッド!

«開閉とびらあり»

オムツ替えの際など開閉扉があるため赤ちゃんを持ち上げるという負担を減らせます。

リリワゴンⅡ:一番コンパクト

実は、そいねーる+ムーブと迷ったもののの一つです。

«サイズ»

横幅88×奥行き50×高さ67

omame

1番小型の作りになます。

注意したいのは、ベビーベッドではなく簡易ベッドというくくりになります。

«収納»

ベッド下に収納スペースあり

«トイワゴンにできる»

赤ちゃんの成長に伴い、使用しなくなった後はトイワゴンとして収納として使用することができます。

まとめ

ベビーベッドの購入は金額も大きいだけに迷いますよね。

部屋の広さや、その後の収納場所の確保なども関係するし、結局布団にする…というご家庭もあるかと思います。

でも、今は簡単に必要なければ売ったりすることも可能ですし、中古でも気にしないのであれば、リサイクルショップでも安くおんなじ種類のベビーベッドを見かけたこともあります!

私は実際に購入・使用して、やっぱり購入して良かったと思えましたので少しでも参考になれば嬉しいです♪

買って良かったベビーグッズ♪

妊娠中に知っておくといいシリーズ♪

ランキング参加中です!クリックしてくれると励みになります( ˶ˆ꒳ˆ˵ )↓↓

mameログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

1児(2歳)の母で現在は第2子妊娠中。2015年ワーホリで出会ったカナダ人の夫と国際結婚をし日本で生活しています。日本では私が大黒柱!!
夫婦でバイリンガル育児奮闘中。
旅行(国内・海外)やキャンプが大好き♪思い立って経験したワーキングホリデー、そしてまさかの国際結婚....やらなきゃ後悔していたことだらけ!

目次
閉じる